キャッシングできるのはいくらまでか

キャッシングの融資額は「50万円まで」「100万円まで」など業者によって決まっていますが、利用者全員がこの金額いっぱいまで借りられるわけではありません。
利用者個人個人の返済能力によって利用限度額は違ってきます。
この返済能力は利用者の様々な条件を考慮した上で決まります。
たとえば、安定した公務員や勤続年数の長い人は突然仕事を辞める可能性が低いので評価が上がりますし、もちろん年収の高い人のほうが返済に回せるお金も多いので、その分限度額が大きくなる傾向があります。
逆に離職率の高い仕事をしている人や自営業の人などは安定性がないと評価されてしまうことが多いので、限度額が低く抑えられがちです。
もう1つ、限度額に大きく影響する要因に総量規制があります。
これは、個人が借りることのできる金額を年収の3分の1までに制限するという規定です。
ですから、どんなに年収の高い人であっても年収の3分の1が借りることのできる金額の上限ということになります。
ただし、銀行系キャッシングの場合には総量規制の対象外となります。